赤ちゃんのお肌はデリケート


赤ちゃんのお肌はデリケートなのです。

みずみずしい赤ちゃん肌なんて言うように、確かに理想のぷにぷにつやつや肌な赤ちゃんですが、実は肌細胞の数は大人と同じで、体が小さくて表面積が少ないため密集するのできめ細かい肌になるんです。

更に肌に保持されている水分量も皮下脂肪も多いですし、紫外線や外的刺激を受けていないので透明感も高いです。しかも新陳代謝も活発で絶えず肌が生まれ変わっているからすごくきれいに見えるんですって。

乳児の肌は大人と構造は同じですが構成比が違い、働きも未熟です。細胞も数は大人と同じですがまだまだ小さくて表皮や真皮はとっても薄いのです。皮脂の分泌も不安定でバリア機能も不十分なため乾燥しやすくて外部刺激に弱い状態です。

また大人の肌は弱酸性に保たれて雑菌の増殖をふせいでいますが、赤ちゃんの肌は中性に近くて細菌が繁殖しやすいので肌トラブルも起こりやすくなっています

また生後3カ月までとそれからでは肌の状態も変わってきますので月齢に応じたケアをしてあげることが必要です。宝物のような肌をした本当の宝物、デリケートなお肌をしっかり守ってあげたいですね。

赤ちゃんのお肌を守る胎脂

生後間もない赤ちゃんは胎脂という白い脂にまみれています。
胎脂は10%の脂質と10%のたんぱく質と80%の水分からできており、お腹のなかで赤ちゃん自信が作り出します。

胎脂はお母さんのお腹のなかで羊水の刺激から赤ちゃんの肌を守り、出産時には潤滑油の役割を果たし、更に生まれてからしばらくの間は外的刺激からも守ってくれます。

日がたつにつれ段々と胎脂の付着は減っていきます。赤ちゃんは体内からの原因による肌トラブルもありますが、胎脂が減る頃に外部刺激による肌トラブルが目立ちはじめます。

また生後一ヶ月以内に突然皮膚がポロポロ剥がれ落ちる新生児落屑という現象が起こることがありますが、これは胎脂がなくなって肌が外気にあたって乾燥して剥がれ落ちているだけで、特に保湿などをしなくても自然に剥がれ落ちるのを待っていれば、きれいな肌が出てくるので心配ありません。

胎脂を残すために産湯をしない産院も増えてきているそうですが、産湯をするところでも完全に落としきることはありません。どちらがいいのかもわかってはいないようですが、新生児の肌は胎脂で守られているのは事実です。将来的には薬品として利用できるかもと論じられてもいるとか…肌にとってとても有益な脂なんですね。

生後3カ月までの赤ちゃんのお肌

新生児の表皮の厚みは大人の3分の1程度しかなく、とても柔らかくて薄い状態です。生後3カ月頃まではホルモンの影響で皮脂の分泌量も多いので、汗も多いので肌がベタベタしていることが多く、新生児ニキビなどの乳児湿疹ができやすい時期です。

肌に厚みがないので外部からの刺激をとても受けやすく、虫に刺されたりすると思っているより大きく腫れて驚くこともあります。また汗腺の数は大人とほぼ同じくらいで汗をかきやすいのに毛穴は小さいので、汚れがつまりやすくなっています。きめの細かい新生児の肌にトラブルが現れると目立ちやすいのでとても気になります。

けれど、大人と同じようにケアすると更に悪化することもあるので注意が必要です。心配なときは産科か小児科か皮膚科に相談するのがベストです。新生児期の場合は事前に電話をして新生児であることを告げてから受診するとスムーズです。

私は今肌くすみ解消のためにあれやこれやと頑張っていますが、赤ちゃんの場合は話が別ですよね。やはり専門医に頼るのが最適と言えるでしょうね。

市販のスキンケア用品を使う場合は赤ちゃん用であることはもちろん、原材料をよく見てできるだけ赤ちゃんに負担のないものを選ぶと良いと思います。

新生児期のスキンケア

新生児期の赤ちゃんは最初のうちは胎脂で肌が守られており、日がたつにつれて段々と胎脂が減っていきます。中には新生児落屑(しんせいじらくせつ)といって皮がポロポロと剥け落ちる赤ちゃんもいます。

これは病気ではなく、新生児の肌の発達段階に起こる現象なので心配はありません。むしろ気にして無理矢理剥がそうとすると肌が炎症を起こしてしまうこともあるので、自然に剥がれ落ちるのを待つのが正解です。

新生児のスキンケアは何かを塗ることよりもとにかく清潔にしてやること、そしておむつで隠れていて見逃しやすいお尻やお股も気を付けてやらないといけません。頭や顔のガサガサやプツプツを防ぐためにも沐浴の時は沐浴剤とガーゼだけでなく、しっかり石鹸をつけて洗ってやりましょう。

おむつまわりのかぶれや赤みが気になるときはこすらない事とよく乾かすことです。

おむつ替えの時はドレッシングボトルなどを使って水洗いするか水を含ませたガーゼなどで押さえつけるように拭き、よく乾かしてやるといいです。おむつの種類を変えるよりもおしりふきや方法を変える方が効果的なように思います。

とにかく清潔に、赤ちゃんにとっても快適な状態を作ってあげられるといいですね。

新生児の沐浴とスキンケア

一ヶ月検診が無事終わるまではベビーバスなどで赤ちゃんだけの沐浴をします。理想の沐浴時間は約10分と言います。入れる方も気を使ってなかなか大変ですが、赤ちゃんにしても体力を使うものです。また長時間の入浴は肌から水分を多く失わせることに繋がったりもします。できるだけ手早く、しっかりと清潔にしてやりましょう。

ベビー用の沐浴グッズはたくさん出ていますが、しっかり洗える物を選びます。特に石鹸やボディーソープは必需品です。沐浴剤だけでは皮脂汚れが落とせず、肌トラブルに繋がります。ボディーソープは泡タイプのものが泡立てる手間がなく、片手で使えるのでおすすめです。

顔や頭もしっかりボディーソープなどをつけてきれいに洗ってやるといいです。脂が取りきれていないと肌トラブルを引き起こします。拭き取りや洗い流しが不充分だとそれもトラブルのもとになります。ガーゼなどを使ってしっかりと洗い流してやるようにするといいです。

保湿剤やパウダーには賛否両論ありますが、いろんな種類の商品がいろんな会社から出ています。じっくり選んで決めることと、赤ちゃんの肌に会わないと判断したらすぐに使用をやめることも必要です。沐浴期間はとても短いです。大変だけれど楽しめるといいですね。

サントリーのウォーターサーバーは、気になりますね。


サントリーのウォーターサーバーのCMを見て、とても気になりましたね。一番いいなぁと思ったのは、小さい子供がいるので冷水・温水共にチャイルドロックがついていることですね。それに、レバーじゃなくてボタンというのも魅力的です。

レバーだと子供は手加減しないところがありますから、思いっきり引っ張られて壊されそうで怖いですが、ボタンならそういう心配も少なくて済みそう。
それに市販の南アルプスの天然水と同じ水がくるんですよね。あのお水は、とてもおいしくて好きなのでそれが来るのはいいですよね。

赤ちゃんのミルクに使えるからうれしいし、省エネモードもあるから電気代も心配ないですよね。

ただ、こちらのウォーターサーバーはレンタル料があるので、費用はレンタル料+お水の代金+電気代になるので、他と比較する時はそれを忘れないようにしてくださいね。
<参考>http://ウォーターサーバーは良い.net/

メンテナンス料とか契約する前に確認しておくべきことはありますが、南アルプスの天然水がいつでも家にあるのは魅力的ですね。気になります。

洗剤と赤ちゃんのお肌


赤ちゃんの肌に触れる服や寝具や小物…できるだけ清潔に保っておきたいですよね。水洗いできるものは頻繁に洗濯して使いたいものです。

けれど洗剤に含まれる成分には赤ちゃんには刺激が強いものもあるので、せっかくの心配りが裏目に出てしまわないように注意が必要です。

一般的な洗剤には合成界面活性剤・蛍光漂白剤・酵素・香料など様々な成分が含まれています。特に敏感肌でない大人には問題はなく、使い勝手が良いように配合されています。しかしそれらの影響が残っているだけで赤ちゃんの肌には深刻な問題になる場合もあります。

赤ちゃんの肌に触れるものを洗う洗剤はできるだけそういった成分が含まれていないものを選ぶようにします。肌に優しいベビー用の洗濯洗剤を利用するのも良い手段です。

できることなら汚れうつりを防ぐために赤ちゃんと大人の洗濯を別にして、洗剤の量は規定量を守るようにすると安心できます。柔軟剤も成分に気を付ければゴワゴワの衣類などで肌が荒れることもないため避けなくても大丈夫です。

それと見落としがちなのがお母さんたちの衣服です。別洗いだから~と油断していると、抱かれたときに触れる部分の衣服に残る成分で肌荒れが起こることも。最初から神経質になることはありませんが、原因のひとつとして頭に入れておきたいところです。

赤ちゃんのスキンケア用品の選び方


赤ちゃん用に市販されているスキンケア用品はデリケートな肌に合うように低刺激性のものや天然成分配合のものなど、大人が使うものよりも安全面で細かい配慮がされているものが多いです。

お母さんの使っているものを使ってはいけないと言うけではないですが、香料や化学成分も多いため避けた方が無難かもしれません。

赤ちゃん用と言っても実に多くの商品があります。赤ちゃんの美容製品に求めるものは保湿以外にありませんので、肌に優しくシンプルなものがベストですできるだけ化学製品よりも天然成分を使っているものを選び、香料・着色料・アルコールなどはできるだけ避けた方が良いです。

そしてタイプもローション、クリーム、オイルなどがありますが、特徴を知って使いやすく肌にあったものを選びます。ローションは化粧水タイプと乳液タイプがありますが共に良く肌に馴染みます。クリームはローションタイプより油分が多くべとつきやすいですが高い保湿・保護効果があります。オイルは少量で高い保湿効果が期待できますが、マッサージするように肌に馴染ませる必要があります。

また医薬品になりますが、小児科などで肌荒れを相談すると処方されることの多いヒルドイドはクリームとローションタイプがあり、効果も高いので、肌の状態が気になる場合は受診してみるのが一番かもしれません。

赤ちゃんのお肌と紫外線対策


生後4ヵ月を過ぎると首も座って動きもだいぶんしっかりして表情も出てきます。赤ちゃんとのお出掛けも楽しくなる時期ですので紫外線対策もしっかりしておきたいです。

一昔前は母子手帳にビタミンDの生成を促すためにと日光浴の文字がありましたが、今では紫外線がお肌に及ぼす将来的な悪影響が懸念され削除されています。実際にビタミンDは食事でも補える環境になってきていますし、1日分のビタミンDは約15分の日光浴で充足するらしいです。同じ量の紫外線を浴びても、大人より子どもの方が受けるダメージが大きいので、小さくても紫外線対策が大切になってきますね。

日焼け止めを選ぶときは赤ちゃんのお肌に炎症を起こさせやすい有機物が入っていないベビー用の物を選ぶと安心です。塗り直しは2~3時間毎に、湿疹や発疹の出ている病気で処方された薬などを塗っている場合もその上から日焼け止めを塗ることができます。外出から帰ったらお風呂できれいに洗い流すと汗疹対策にも効果的です。

日焼け止め以外にも、できるなら長袖・長ズボンに帽子。帽子は熱中症防止のためにもかぶるくせをつけるといいですし。だっこ紐ならショールを巻いたり日傘をさしたり、ベビーカーなら幌に日除けをつけて。車の窓の紫外線対策も忘れずに!そして紫外線の強い時間帯は戸外に出ないようにするのが一番の対策になります。

生後4ヶ月からの赤ちゃんのお肌


生後4ヵ月目に入るとそれまで多かった皮脂分泌が減ってきて、お肌の水分量も減少してきます。大人よりも乾燥した状態になると言っても過言ではありませんので、気を付けたいところです。

お風呂上がりには今まで通り10分以内のベビーローションなどでのケアに加えてベビーオイルなどを加えてもいい頃です。

また5ヵ月を過ぎると早い子では離乳食も始まります。口の周りの汚れなどもしっかり拭いてやりましょう。

繰り返し拭くことで赤くなったり荒れたりしてしまった時は保湿ケアが大切です。汚れや汗などの外部刺激にもとても敏感で、顔やおむつの中が荒れることはよくあります。

夏はもちろんのことですが冬でも着せすぎや暖房で意外に汗をかきあせもができることもあります。

荒れたお肌はこすると負担になりますので、できるだけ水やぬるま湯で洗い流すと状態がよくなりやすいです。おしりの場合などは洗面器で座浴が良いですが、手間を省くならペットボトルやドレッシングボトルを利用しておむつ替えのときに流してやると楽です。

拭き取りは優しく押さえるように、ガーゼやコットンもいいですがおしりふきがやはり便利…極力水以外の成分が入っていないものを選ぶと荒れにくい気がします。

手や口まわりは意外に盲点ですが、前向きに抱き抱えて洗面所で洗うと楽だしさっぱりします。あせもも入浴以外にぬるま湯をかけるだけの水浴びをするだけで思っているより改善します。それも面倒なら多目に水を含ませたガーゼやおしりふきで押さえ拭きしても。

とにかく清潔+保湿で時期によって変化していくデリケートな赤ちゃんのお肌を守ってあげたいですね。

赤ちゃんとお風呂とスキンケア


生後一ヶ月をすぎて無事に検診が終わるとお母さんも湯船に浸かることができるようになり、赤ちゃんも大人と一緒にお風呂に入れるようになります。いよいよ初の湯船デビューですね。

嬉しい反面、誰か手助けしてくれる人がいればいいのですが、首の座っていない赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのはなかなか大変です。

今まで自分だけのリラックスタイムだったお風呂の時間が、そうでなくなってしまうのもちょっとしたプチストレスだったりもします。中にはベビーバスに限界を感じるまで沐浴で済ませたという話も聞きますが…。

赤ちゃんは新陳代謝も活発なので毎日体をきれいにしてやることが大事です。乳児期は清潔が一番のスキンケアです。

バスチェアや膝の上でしっかりベビーソープで洗ってあげましょう!スポンジや体を洗うための手袋なども売っていますが、よく泡立てた泡でマッサージするように洗ってあげるなら素手で充分です。

お風呂上がりに何か塗るなら保湿中心でケアできる赤ちゃん専用のアイテムでスキンシップのつもりで楽しめるといいですね。湯上がりにはおっぱいやミルクを飲ませて水分補給を!肌にも体にもしっかり潤いを与えておきましょう

スムージーの疑問。


スムージーは健康食品なので、効果は期待しますよね。でも、「実際に効果はあるの?」と疑問は残ります。一概に「効果あります!」と言えないのが残念ですが、効果が全くないというわけではなく、効果が実感できるスムージーに出会えるかどうかだと思うんですよね。

スムージーを飲む目的も人それぞれ違うから、その目的にあったスムージーが見つかるといいんですけどね。お肌の調子が良くなくって、外側からのアプローチだけでは一日もたないので内側からのアプローチをするためにモデルさんや女優さんが飲用している青汁を選んで飲むとベターかもしれないよね。

そういう職業の人って、見られるからお肌とかスタイルとか意識してスムージーを飲んでいるし、おいしいから飲み続けられるんでしょう。

美容に関するスムージーは探しやすいけれど、ダイエットの一つのツールとして、とか健康維持の為にスムージーを飲む場合は、難しいよね。効果を実感するにも時間がかかるだろうし。口コミやランキングを見れば見るほど分からなくなってきてしまうことも・・・。

スムージー比較サイトで、しっかりと特徴を書いてくれていると、自分の求めるものを選べばいいからいいと思います。

スムージーは、実感しにくいものかもしれないけれど、継続して飲むことが一番大切ですよね♪