洗剤と赤ちゃんのお肌

赤ちゃんの肌に触れる服や寝具や小物…できるだけ清潔に保っておきたいですよね。水洗いできるものは頻繁に洗濯して使いたいものです。

けれど洗剤に含まれる成分には赤ちゃんには刺激が強いものもあるので、せっかくの心配りが裏目に出てしまわないように注意が必要です。

a0001_012716

一般的な洗剤には合成界面活性剤・蛍光漂白剤・酵素・香料など様々な成分が含まれています。特に敏感肌でない大人には問題はなく、使い勝手が良いように配合されています。しかしそれらの影響が残っているだけで赤ちゃんの肌には深刻な問題になる場合もあります。

赤ちゃんの肌に触れるものを洗う洗剤はできるだけそういった成分が含まれていないものを選ぶようにします。肌に優しいベビー用の洗濯洗剤を利用するのも良い手段です。

できることなら汚れうつりを防ぐために赤ちゃんと大人の洗濯を別にして、洗剤の量は規定量を守るようにすると安心できます。柔軟剤も成分に気を付ければゴワゴワの衣類などで肌が荒れることもないため避けなくても大丈夫です。

それと見落としがちなのがお母さんたちの衣服です。別洗いだから~と油断していると、抱かれたときに触れる部分の衣服に残る成分で肌荒れが起こることも。最初から神経質になることはありませんが、原因のひとつとして頭に入れておきたいところです。